天網恢恢
てんもうかいかい。 老子の言葉。「悪い事をすれば必ず天罰が下る意」(広辞苑) 。じゃあ悪い事って何だろう。この辺を考えなくもない日記サイト。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月17日 カッパドキアとアンカラ(1)
28.カイマクルの地下都市
CIMG2779.jpg

コンヤからカッパドキア地方へ。寒い。
そしてカイマクルの地下都市に到着。ここの雪もさらさら。もちろん雪合戦。

8世紀から9世紀にかけて作られた地下都市が、この地域には沢山あるらしい。
その一つ。人口は数万人規模らしく、ところどころに罠や冷蔵庫、トイレなどがある。
罠があると聞いてベトナムを思い出した。

外気温は氷点下だったが、やはり地下、そこまで寒くなかった。
天井は低い為つねに中腰で歩いたので、足腰が鍛えられそうだった。

29.カイマクル周辺
CIMG2790.jpg

うーん、雪さらさら。

30.じゅうたんしょっぷ
CIMG2801.jpg

その後、「ヘレケ」という最高級ブランドも取り扱う、トルコ絨毯の高級店へ立ち寄った。
トルコ絨毯の作り方を「繭」のところから丁寧に日本語で教えてくれた、眉毛が特徴的なあの人、
とっても喋りが上手かった。日本語の喋り方をトルコ人から教わるとは・・・

ところで高すぎる。安くても2万くらいかかる。
おいおい、これ卒業旅行だよな・・・?どんだけ金持ちな学生いるんだよ。

31.鳩の谷
CIMG2826.jpg

ワインを作るために鳩の糞を肥料として使おうと思ったトルコ人。
この谷の岩は柔らかく穴が空けやすかったので沢山空けたら、目論見どおり鳩だらけになった。そんなバックグラウンドの鳩の谷。鳩だらけ。

32.トルコのラクダ
CIMG2837.jpg

先ほどの穴は鳩のための穴。ここの穴も一部は鳩のための穴。
でも一部は人が住むための穴。有名なカッパドキアの奇岩群。
本格的な奇岩群の手前でのトイレ休憩で、ラクダを見つけた。
200円だか300円だかの相場だったが、エジプトで散々ラクダを見てきたツアーメンツとしては、若干物足りなかった。エジプトと違ってそこまで接客が強引じゃなかったのも影響し、少し売り子とラクダが可愛そうになるくらい、みんなにスルーされていた。挙句の果てに写真を取ったら1ドル寄越せと。手持ちに細かいお金が無かったので、さようなら。

ラクダは寒い地域で育ったからだろう、毛深かったのが印象的だった。


この日は写真がたくさんあるので、後半はまた今度。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/10 (土) 00:45:45 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/02 (土) 07:16:01 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/26 (火) 11:27:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 天網恢恢 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。