天網恢恢
てんもうかいかい。 老子の言葉。「悪い事をすれば必ず天罰が下る意」(広辞苑) 。じゃあ悪い事って何だろう。この辺を考えなくもない日記サイト。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月10日から11日 成田とイスタンブールとカイロとギザ
2月10日、成田は曇天だった気がする。
朝は無駄に早く起きて、眠い目を擦って国際空港へ。少し遅刻。

14時25分、イスタンブールへ出発。飛行時間12時間50分。
飛行機の中では前から見たかったCity of EmberとEagle Eyeを観賞。
イスタンブールに到着したのが東京時刻2月20日の28時ごろ、つまり
2月21日の午前4時ごろ。
時差は7時間で東京の方が早く時間が進んでいるので、イスタンブールの現地時刻は
2月20日の午後21時ごろ。
7時の起床から換算して起床から21時間。

現地時刻(以降、現地時刻)23時35分、イスタンブールからカイロに乗り継ぎ。
翌21日3時ごろにカイロ国際空港に到着。起床から27時間。ハイテンション。

ビザを取得して両替後、1時間とちょっと掛けてホテルへ。
ホテルチェックイン後、シャワーを浴びてスーツケースを弄くって観光の準備をする。
午前5時ごろに終了、起床から29時間。

午前6時に部屋を出て朝食。美味しい。ような気がする。あまり記憶にない。
午前5時から6時の間に仮眠を取ったため、とても元気。
まともな睡眠を取ってから30時間が経過。

1.サハラ砂漠の東端、ギザ周辺
CIMG1991.jpg

バスでカイロの町を離れてギザへ。バスに乗れば眠れると思いきや、すぐにピラミッドが見えてきて吃驚。ちなみに晴天。晴れ男だもの。さて、チケットを貰ってギザのクフ王のピラミッドに侵入。
息を飲む日本語の嵐。ここは京都?というくらい日本人だらけ。これじゃあクフ王もゆっくり眠れないだろう。が、まあいいか。期待を超える迫力と、27度を越す暑さと砂とでエジプトらしさを肌で味わう。いいところ。

ピラミッド内は写真が使えないのでない。テレビの特番を見れば中身がどんなところか想像つくかもしれないが、行かなければ雰囲気が全く解らないので、こればっかりは行ってみて。国内旅行とは違ってイメージしてもイメージしきれないので。お薦め。

2.6ピラミッド
CIMG2003.jpg

その後、カフラー王とメンカウラー王のピラミッドを観光。こちらは外から写真を撮っただけ。雄大すぎる。形容できない。無理矢理形容しようとするならば、5トントラックから一歩くらい離れて、そこで寝転がってトラックを見るような雰囲気。圧倒的な迫力。

ピラミッドの近くでは行商がたくさんおり、運良く1ドルでラクダに乗ることができた。カンボジアで像に乗ったが、あれよりは乗ってる間の心地よさは格段に上。だがラクダに乗ってラクダが立ち上がるときと、下りるときにラクダがしゃがむ瞬間、非常に怖い。落ちそうになる。形容はできないので乗ってみると良いと思う。

3.スフィンクスと欧米人
CIMG2026.jpg

その後はダハシュールの屈折ピラミッド、赤ピラミッドを観光後、スフィンクスを観光。ほんとにケンタッキーの方向を見てて笑った。そしてここは欧米人が気ままなポーズで写真を撮っていた。真似した写真は恥ずかしいので載せない。

4.サッカラの階段ピラミッド付近にいたロバらしき動物
CIMG2098.jpg

その後は階段ピラミッドという、かなり古いピラミッドを観光。近くにロバらしき動物が小便垂らしてたので1枚頂いた。近くに商人がいると漏れなくドルを請求されるので、写真を撮るには緊張感が必要。

そんなこんなで3の写真と4の写真の間でモロヘイヤのスープという、古代の王様がこれを飲んで病気を治したという伝説から「王様のスープ」とか呼ばれているらしいスープを食す。美味しいが腹を下しそうな雰囲気がバリバリ出てる。結局大丈夫だったが。

ということで、2月21日の観光はこれくらい。
帰ってからは死体のように睡眠を12時間ほど取った…ような気がする。
どちらにせよ40時間ぶりくらいのまともな睡眠。


ところでメシだが。
日本時間2月10日、朝食と、正午ごろに1回
成田イスタンブール間で2回(夕食と…朝食らしきもの???)
イスタンブールカイロ間で1回(何メシ?)
ホテルで朝食
どっかで昼食
夕食

40時間で8回も食べた。5時間に1回。
よくわからない。活動時間5時間ごとに1回なら普通だが…
うーむ。

さてはて、どちらにせよこれで激しい2日は終わったのでした。
明日からは健康的に過ごせるぞ、と思った一日でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
続きを早くッッ☆
2009/02/25 (水) 02:19:00 | URL | ぁゅ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 天網恢恢 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。