FC2ブログ
天網恢恢
てんもうかいかい。 老子の言葉。「悪い事をすれば必ず天罰が下る意」(広辞苑) 。じゃあ悪い事って何だろう。この辺を考えなくもない日記サイト。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月7日 紀伊勝浦→那智→伊勢→名古屋→東京へ
今日、つれの写真を頂きました。
自分が撮った写真じゃないって一目でわかるのは不思議。やっぱり個性が出るんだろうか。っと思って気付いたのは…ああ、俺が写ってるからか。

ということで最終日(東京についたのは8日だけども)までやってきました。
ここまでの旅は長かったようで。。。長かったよ!笑

あと、No.25の写真の、高奈まいたような寿司は「めはり寿司」だそうで。

26.那智の大瀧
CIMG1155.jpg

この日は朝起きてから緊張した。なんせどの交通機関も「これを逃したら次はウン時間後」という恐ろしい代物。南紀のレベルの高さを改めて実感しつつも、日本一の落差を誇るらしい那智の大瀧へ。バスに乗るころから生憎の土砂降り。リアルどしゃぶりでビビる。それまで毎日カラっと晴れていたので、晴れ男俺すげーと思ってましたが、ここでは完全に負けてました。こんなタイミングで負けなくても…と思いつつ、那智大社へ。ここは紀伊勝浦から近いのでバスでした。バスから降り、那智大社への階段を、ホテル浦島で手に入れた新たなる荷物(お土産)を背負って歩いたわけですが、階段が雨で既に大滝という素敵な状況。こりゃーあかんだろうと思いつつ、もうどうしようもないので頑張って大社へ。大社で雨止めよとお祈りしたところ、奇跡的に太陽を拝み、それからは天気はぐずついたものの、土砂降りにはなりませんでした。ありがとう那智大社!

27.伊勢市への道、どっかの駅
CIMG1163.jpg

那智大社には時間をそれほど取っていなかったので、駆け足でバス停へ。っとここで膝が痛くなるという体の脆さをふんだんに発揮。仕方ないので瀧の近くまでは写真を撮りにいってもらうという妥協。その後バスで那智駅へ。電車が3時間近くも遅れていてビビるが、次の電車は数十分遅れとのこと。近くの社を見て、ゆっくり電車を待つ事に。

28.おはらい町
CIMG1167.jpg

伊勢に着いておはらい町へ。荷物を置いてさて伊勢神宮へ。まずは外宮を巡る。バスに乗り、内宮へ。バス停から内宮までの道は、その一角がおはらい町と呼ばれてるらしく、まあつまるところアンコールワットのシェムリアップのようなお土産屋と普段の生活が一体化したような土地がある。この中に「おかげ横丁」という横丁があり、特にそこに土産もの屋、伊勢うどん店、赤福などの店舗が軒を連ねているわけです。そこを歩き、3時前後にしてようやく食事にありつく。伊勢うどん。おいしい…スープ濃い…。

29.「…」
CIMG1168.jpg

途中、こんなわけわかめポスター発見。地元じゃ有名だそうだが…結局、猿田彦神社には時間が無くて行けなかった。そのうち行けたら行きたい。

30.豚捨
CIMG1169.jpg

腹がめちゃめちゃ減っていたので、「豚捨」という「豚肉を捨てるほどうまい」と言われた伊勢の牛肉専門店へ。コロッケなどを食べるが、なんでこんな美味しくできるのか解らないくらい美味しい。ここは名店。と、再びおはらい町を歩くと、松坂牛串焼きの店を発見。ちょっと高かったけど、一番安い上カルビ串を注文。すっげー美味しい。もうヤバい。これで上かよっ…!!!ということで、魚・海の哺乳類・陸の哺乳類と、あらかた食べて制圧した満足感を抱き、伊勢神宮へ。

31.内宮の空
CIMG1181.jpg

那智での空と大違いなくらい綺麗に晴れましたとさ。ちょっと薄暗くていい感じ。相変わらず暑かったが、これまで聞いてきたアブラ、ミンミン、クマ、ツクツクホーシと違い、夕方のよく似合うヒグラシが鳴いていたのが印象的だった。そう考えると少し涼しかったのかも知れない。ちょっとおはらい町でゆっくりしすぎて、駆け足参拝になったのが残念なところ。と、ここでやけに両手が空いていることに気付く。「杖忘れてね…?」急いで伊勢市駅に戻る。幸いにも駅員さんが持っていてくれた。この旅行はいろんなところで色んなモノがなくなりそうになったけど、結局あまりなくなってなくて良かった。

32.名古屋駅
CIMG1187.jpg

最後の写真掲載。夜中の名古屋駅。伊勢から数時間の電車の旅、途中で「快速みえ」が接続云々の理由があるとか無いとかで青春18切符の対象外になるらしく、余計な出費。名古屋では随分時間があまったが、完全に疲れていたため、味噌カツを食べたあとは駅でゆっくりしてました。名古屋は二回目だし、行こうとしたらビックカメラが目の前で閉まるし。つーことで、広島・神戸三ノ宮に続く綺麗な夜景を名古屋で拝みつつ、旅行を振り返り、ムーンライトながらで東京に戻りました。

旅行記はこんな感じです。
いろんなところで、いろんな文化とか人とか歴史とか空気とかに触れて、吸収して学べたいい旅でした。良い思い出ができた。お疲れ様です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 天網恢恢 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。